So-net無料ブログ作成
検索選択

中国で株が大暴落 約半数が取引停止 中国当局も認める世界恐慌クラスの異常事態なのに「報道しない自由」の日本マスコミ [気になるニュース]

スポンサーリンク




中国で株が大暴落してます。約半数が取引停止の異常事態です。






youtubeで顔や名前がバレずに劇的に稼ぐ方法を知りたいですか?『知りたい!』ならとりあえず気軽にクリック!


中国で株価が急落しています。中国バブルの崩壊です。日本のバブル崩壊よりもはるかに大規模な危機が中国でおきてます。

中国の株価の代表的な指数である上海総合株価指数が、8日に前日の終値より一時的に8%以上も急落しました。その後、やや値を戻し、同3・88%安で午前の取引を終えたものの、そうとうヤバい事態です。

全体の約半数の銘柄が取引停止を申請しているとも報じられ、異常事態であることが隠しきれなくなってきました。

上海総合株価指数は6月12日のピーク時から見て、たった4週間で約3分の2まで下落。

これに自社株が巻き込まれないようにと取引停止を申請する企業が急増し、1429社に達したそうです。これは中国の上場企業の半数にあたります。この取引停止というのは、簡単に言うと「今普通に取引するとマジでつぶれるかもしれないから、ちょっとストップ」ってやつです。

普通は信用を無くすのでやりません。将棋の「待った」とか、ゲームで負けそうになった途端にポーズボタンを押して「この勝負、無かったことにしよう」と言ってるようなものです。そんな人と付き合いたくないですよね。

そういう会社が半分を占める市場なんて到底信用できないわけです。さすが中国、他の国の株式市場とは違いますね。

こういう失態は、メンツを重んじる中国ではめったに認めないものなのですが、さすがにここまで大規模になると誤魔化せないわけです。

とうとう証券当局の中国証券監督管理委員会も8日になって、「市場にパニック心理がある」と認めました。

中央銀行の中国人民銀行も、「流動性を供給し、金融システム不安が起こらないようにする」との緊急声明を出してます。

これだけの騒動だと、日本にも影響が出ちゃいますね。特に中国べったりの企業は悲惨です。日経やマスコミの「中国はすごいよ」報道に乗せられたり、目先のコストカットに目がくらんで中国に工場建てちゃった会社なんか巻き添えでヤバいですね。

今回の件、先ほども書いたように下手すりゃ世界恐慌レベルのヤバい事態なのですが、日本のマスコミは淡々としてますね。さすがは中国共産党の宣伝機関日本の信頼できるマスコミ様ですね。

そのカスゴミマスコミですら記事にするようになっちゃったということはどれくらい深刻な問題なのか、という推測くらいはできるようになっておきたいですね。


youtubeで顔や名前がバレずに劇的に稼ぐ方法を知りたいですか?『知りたい!』ならとりあえず気軽にクリック!










スポンサーリンク


早野のブログでは書けない話をメルマガで無料公開中
名前
メールアドレス

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。