So-net無料ブログ作成
検索選択

「頭を体から切り離し他人と結合」難病男性が手術へ まるでアニメ「攻殻機動隊」の世界 [気になるニュース]

スポンサーリンク




医学の進歩もここまで来たか、というニュースです。






youtubeで劇的に稼ぐ方法を知りたいですか?『知りたい!』ならとりあえず気軽にクリック!


びっくりするようなニュースが入ってきました。

報道によると、難病に苦しんでいる30歳のロシア人の男性が、脳死状態の他人の体に、自分の首から上を切り取って移植する手術を受けるそうです。

このロシア人男性のお名前はワレリー・スピリドノフさん。脊髄性筋萎縮症という難病で、もともと長生きできない身体なのだそうです。

現在彼の症状は急激に悪化してきているそうで、主治医のイタリア人医師が今回の手術を提唱したそうです。

脳死状態のドナーの男性の体に、ワレリーさんの頭を切り取ってくっつけるそうです。もともとワレリーさんは長生きできない身体なので、思い切って手術を受ける覚悟をしたのだとか。

ワレリーさん本人は、「とても楽観的にいます。楽しみです。できるかぎり早く行われるよう実現を目指しています」と言ってます。

ところで、気になる手術の方法ですが、ワレリーさんの頭部を切断し、脳死状態の男性の頭も切って、手術中は頭部とドナーの身体の両方を冷却して、細胞が死なないようにするそうです。手術時間はなんと36時間。総勢100人以上の医療スタッフで取り組むとか。

気になる費用は1500万ドル。日本円にして約18億円です。2年以内に手術だそうです。


それにしても、すごい話ですね。ちょっと前のアニメに「攻殻機動隊」というのがあって、脳以外全身がサイボーグになっている公安特殊部隊の話があるのですが、それを思い出してしまいました。

こういう移植手術というと、どうしても拒否反応とかが気になるところなのですが、そのあたりはどうクリアするのでしょうか。そのあたりも知りたいところです。

何にしても、ワレリーさんの手術が成功することをお祈りします。


youtubeで劇的に稼ぐ方法を知りたいですか?『知りたい!』ならとりあえず気軽にクリック!


昔これ読んでました。懐かしいなあ。ケンシロウみたいなお医者さんが出てくる漫画です。


攻殻機動隊といえば、多脚戦車のタチコマですね。かわいいです。



スポンサーリンク


早野のブログでは書けない話をメルマガで無料公開中
名前
メールアドレス

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。