So-net無料ブログ作成
検索選択

「自民党若手の勉強会で報道規制論」という報道がマスコミごとに全然違う。歪曲してるのはどこだ? [気になるニュース]

スポンサーリンク




自民党若手議員の勉強会で、「スポンサーへの圧力をかけて言論統制すべき」という意見が出た、との報道がされて大騒ぎになっていますが、どういうことなのか調べてみました。賛否それぞれヒートアップする前に、各報道機関の記事を読み比べてみましょう。





youtubeで劇的に稼ぐ方法を知りたいですか?『知りたい!』ならとりあえず気軽にクリック!




さて、今回の件、どういう報道だったのか、見てみましょう。
まずは改憲派からは目の敵にされているだろう毎日新聞です。

---引用ここから(抜粋)---

自民党:安保法案で報道批判続出…改憲派の勉強会

安倍晋三首相に近い自民党の若手議員約40人が25日、憲法改正を推進する勉強会「文化芸術懇話会」の初会合を党本部で開いた。安全保障関連法案に対する国民の理解が広がらない現状を踏まえ、報道機関を批判する意見が噴出した。講師として招いた作家の百田尚樹氏に助言を求める場面も目立った。


出席議員からは、安保法案を批判する報道に関し「マスコミをこらしめるには広告料収入をなくせばいい。文化人が経団連に働き掛けてほしい」との声が上がった。

沖縄県の地元紙が政府に批判的だとの意見が出たのに対し、百田氏は「沖縄の二つの新聞はつぶさないといけない。あってはいけないことだが、沖縄のどこかの島が中国に取られれば目を覚ますはずだ」と主張した。

懇話会は木原稔青年局長が代表で、首相側近の加藤勝信官房副長官や萩生田光一・党総裁特別補佐も参加した。


 ◇報道・表現の自由への挑戦

 琉球新報社の潮平芳和編集局長の話 百田氏が何を論拠にしたのか明確ではないが、「つぶさないといけない」という発言は沖縄2紙のみならず、国内のマスメディア全体の報道・表現の自由に対する重大な挑戦、挑発である。沖縄の現状を全く理解しておらず、残念である。琉球新報は今後とも不偏不党、言論の自由を重んじ、公正な取材活動と報道に努める。(共同)

 ◇断じて許すことできない

 沖縄タイムスの崎浜秀光編集局次長の話 安全保障関連法案は「憲法違反」との指摘が相次ぎ、反対する世論の広がりに対するいら立ちが(百田氏の発言に)出たと言わざるを得ない。70年前の沖縄戦で、沖縄は本土の「捨て石」にされた。「中国に取られれば目を覚ますはずだ」との発言は、再び沖縄を捨て石にしようとする発想で、断じて許すことができない。(共同)

---引用ここまで---
全文はこちらから

この記事を読むと、素直な人は自民党はナチスもかくやと思われるような言論統制を目指している、トンデモ独裁政党だ、という印象を持っちゃいますね。

記事の最後の方で、沖縄の新聞の「不偏不党」とか「公正な取材活動と報道」とかいう主張には失笑しましたけど。「いやいや、あんたらめっちゃ中国よりじゃない。どっかから金もらってんの?て疑いたくなるくらいのレベルで。米軍基地に不法侵入して現行犯で捕まった自称『平和運動をする市民』の活動家の事件じゃ「不当な監禁」だとか言ってめっちゃくちゃ犯罪者側の左翼の過激派を弁護してたし、どこが不偏不党じゃい」と思ったのはナイショです。

あとそれから、「沖縄を捨て石にしようとしている」発言ですけど、「自ら中国に領土を差し出そうとしているとしか思えない報道をしまくっといて、こういう時だけ被害者面かい。『島を取られれば目が覚める』てのは『それくらいじゃないと目が覚めない』ということで『実際に取られてしまえ』と願っているのとは違うのわかるでしょ。意図的に混同するなよ。こういうのがすでに『印象操作・ねつ造』じゃないの?」と思ったのもナイショです。

あとさりげなく「首相側近」なんていうワードを入れ込んでいかにも「安倍首相自身が言論弾圧したがっている」という印象を持たせようとするあたりがさすがですね。

それから「との声」というたった三文字で、実際に一字一句発言したわけではなく記者の印象であっても、実際の発言であるかのように見えるテクニックもさすがですね。これだと本当に言ったことなのか、ただの記者の印象なのか区別できません。どっちなんでしょうね。わかりません。



次に朝日新聞にいきましょう。



---引用ここから(抜粋)---

朝日「経団連に働きかけ、マスコミ懲らしめを」 自民勉強会

安倍政権と考え方が近い文化人を通し、発信力の強化を目指そうと、安倍晋三首相に近い若手議員が立ち上げた勉強会「文化芸術懇話会」(代表=木原稔・党青年局長)の初会合が25日、自民党本部であった。出席議員からは、広告を出す企業やテレビ番組のスポンサーに働きかけて、メディア規制をすべきだとの声が上がった。

出席者によると、議員からは「マスコミを懲らしめるには広告料収入がなくなるのが一番。経団連に働きかけて欲しい」「悪影響を与えている番組を発表し、そのスポンサーを列挙すればいい」など、政権に批判的な報道を規制すべきだという意見が出た。

---引用ここまで---
全文はこちらから


こちらの記事を信じるとしても、かなり過激な会だったという印象を持ちますね。活字になっていることは本当だ、なんて素直に信じちゃうおじいちゃん、おばあちゃんはコロっとやられちゃいそうですね。オレオレ詐欺がなくならないわけです。

ここでも相変わらず「安倍晋三首相に近い」という表現を一文の中に2回もわざわざ入れてますね。

それからここでも毎日新聞のように「との声」「という意見」がついてますね。

ところで、毎日新聞にあったような超過激な発言が出席者から実際にされていれば、朝日新聞も鬼の首をとったように報道しまくりそうなものですが、毎日新聞と明らかにトーンが違いますね。どういうことでしょう?具体的にどういう発言だったのでしょう?知りたいですね。



ここで、他の報道機関の報道を見てみましょう。

次は時事ドットコムです。

---引用ここから(抜粋)---

首相支持の若手らが勉強会=自民 時事ドットコム

自民党の有志議員でつくる「文化芸術懇話会」(代表・木原稔党青年局長)が25日、党本部で初会合を開いた。メンバーは安倍晋三首相(党総裁)を支持する中堅・若手で、同日は首相とも親しい作家の百田尚樹氏が講演。今後、月1回程度のペースで勉強会を開く。

会合後、木原氏は記者団に「政局のための会ではない」とした上で、「憲法改正、平和安全法制を成立させたいという思いは共通して持っている。結果として、首相を応援することになる」と語った。

---引用ここまで---
全文はこちらから


あれー?「報道規制」とか「経団連に働きかけて報道規制」なんて話がちっとも出てきてないですよ。毎日や朝日とずいぶんトーンが違います。ちょっと混乱しますね。


日本のマスコミは信用ならない!毎日や朝日など一部以外は安倍政権からの圧力がかかっている!という人もいるでしょうから、海外の報道機関も紹介しましょう。それもニューヨークタイムズが朝日の記事を紹介するように、日本の新聞社から記事提供を受けているのではなく、自分で取材しているところをご紹介します。

ブルームバーグ社です。

---引用ここから(抜粋)---

作家で日本放送協会(NHK)元経営委員の百田尚樹氏は25日、自民党本部で開かれた有志議員のグループ「文化芸術懇話会」の初会合で講演し、報道批判の気炎を上げた。
百田氏は講演で「反日とか売国」という表現を使いながら、「日本をおとしめる目的をもって書いているとしか思えないような記事が多い」と指摘。参加議員から「そうだ、そうだ」と賛同の声が上がった。百田氏の講演は冒頭部分のみ記者団に公開されたが、その際に具体的なメディア名や記事についての言及はなかった。

講演で百田氏は、「最近はNHKの経営委員なんかもやったりして、公の場で発言するとものすごく炎上してしまう」とも発言した。

---引用ここまで---
全文はこちらから

はい、ちゅーもく!メディア批判はしてます。が、その際に具体的なメディア名や記事についての言及はなかった。て書いてありますね。

朝日新聞と毎日新聞の記者さん。特に毎日新聞の記者さん。

その際に具体的なメディア名や記事についての言及はなかった。
その際に具体的なメディア名や記事についての言及はなかった。
その際に具体的なメディア名や記事についての言及はなかった。

大事なことなので3回書きましたが、他の報道機関がこう書いているのに、朝日さんや毎日さんは、どこから記事に書いてあるような話を聞いたんでしょうか?その情報ソースはどこなのか知りたいですね。どういうパイプがあるのでしょうか。

それから、確かにメディア批判はしてますが、報道規制をしようなんていうことは書いてないのですけど、これはどういうことでしょうか?

そして、百田氏の言う通り、大炎上しまくってますね。この人も炎上するのわかってるんならおとなしくしときゃいいのに。この人が関わるとまとまる話もまとまらなくなるので、正直あまり好きじゃないです。


この記事にお付き合いくださっているあなた。まずはありがとうございます。

ここで質問です。あなたは、自民党の会合で言論統制をしようとする発言があったとかないとかいう会合の記事について

・普段から自民党を批判し、自民党から否定的に見られている自覚のある報道機関の記事
・その国の報道機関ではなく、特にどこの政党も支持あるいは批判してない報道機関の記事

のどちらを信用しますか?

僕はこの件に関していろんな記事を読んだ結果、「普段から自民党を批判したいと思っている人が、そういう目で解釈すればそう言えなくもない発言があった」程度なんじゃないかなぁ、と思います。本当のところはわかんないですけど。

もちろん、言論弾圧を本気でやろうと言うつもりなら僕も猛反対しますけど、朝鮮人売春婦問題のように、明確な政治的意図をもって捏造する行為に対しての罰則などは良いと思います。それってもはや報道じゃなくてプロパガンダとか詐欺の領域ですから。当然放送法に反しますし国の利益にもなりません。実際に日本人および日本国に多大な冤罪被害が出ちゃってますし。

確かにマスコミ批判の発言はたくさんあったようです。「マスコミを懲らしめるには広告料収入がなくなるのが一番」 「テレビのスポンサーにならない。これが一番応える」 「沖縄メディアは左翼勢力にのっとられている」といった発言があったとされます。

「言論統制だ!」と怒りたい気持ちを抑えて、冷静になってこの発言を見てください。どこに「だからメディアを規制しろ」「どんどん経団連経由でマスコミに圧力をかけさせろ」「言論弾圧をしろ」と書いてありますか?

重ねて言いますが、僕だって言論統制をやるっていうのなら猛反対しますよ。正直に言って、朝鮮人売春婦問題で長年嘘をつき続けた朝日新聞のことは大嫌いなので早くつぶれてしまえ!とか思ってますけど、本当に自民党全体の方針として政府の意向に沿わない言論を問答無用で厳しく統制するというのなら、その件に関してだけは朝日新聞に賛成してもいいと思ってます。

思ってますけど、この発言をもう一度よく見てください。どこに「言論統制をしろ」と書いてますか?「マスコミは広告収入を抑えられるのが一番こたえる」これって事実じゃないですか?「沖縄の新聞が左翼勢力に乗っ取られている」僕が見てもそう思います。そういうことはいろんなところで言われていることです。

でも、それらを指摘することイコール言論弾圧と言い切って良いのですか?怒っている人も、深呼吸してもう一度冷静になってこの発言を見てください。キツイ言い方でメディア批判はしてますが「言論統制をしろ」「メディア規制をしろ」と書いてありますか?


それでも『これは不当な言論弾圧だ!』と決めつけたい方にはもはやかける言葉はありません。ご自由にどうぞ。でもそれってもはや信仰の領域にはいっちゃってるように私からは見えるし、そういう他の意見を見ようとしない姿勢こそ、歴史上ナチスなどの団体に何度も利用されてきた事実があるのでお気をつけて、とだけ申し添えておきます。



youtubeで劇的に稼ぐ方法を知りたいですか?『知りたい!』ならとりあえず気軽にクリック!


ところで、朝日さん、朝鮮人売春婦のねつ造報道の始末、ついてませんけど?











スポンサーリンク


早野のブログでは書けない話をメルマガで無料公開中
名前
メールアドレス

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。