So-net無料ブログ作成
検索選択

制服向上委員会が「自民党を倒せ」で大和市後援取消【映像あり】異例の事態発生 [気になるニュース]

スポンサーリンク




大和市が後援するイベントで、「制服向上委員会」というアイドルグループが問題を起こし、大和市が後援を事後取り消しするという、極めて異常な事態が発生しています。何があったのでしょうか?






youtubeで劇的に稼ぐ方法を知りたいですか?『知りたい!』ならとりあえず気軽にクリック!


自称護憲団体で、共産党の支援を受けている左翼組織「憲法九条やまとの会」が開催したイベントについて、大和市がイベントへの後援を事後に取り消す方向で検討していることが23日、分かりました。

ちなみに地方公共団体が、後援を事後に取り消すというのは極めて異例なことです。普通、こういう公的な機関は、一度決めたことを変更するのは自分たちの間違いを認めることになるので、なかなかやらないものですが、それでも取り消しに踏み切ったということは、相当なことをやらかしたということです。

このイベントでは、アイドルグループ「制服向上委員会」が、自民党を名指しで批判する歌詞を繰り返し歌ったため、「公共の自治体としてどうか」と自民市議らが抗議していた。

まあ、当然ですね。どんな政治的信条を持っていても勝手だし、集会とかを開いてもいいでしょうけど、政治的に中立であるべき地方公共団体の後援を受けておきながら一方的な政治的信条を垂れ流して、特定の組織や個人を名指して批判するのは問題です。

ということで大和市は「特定の政党を批判する内容は問題があるのではないか」と説明しましたが、さすが左翼組織、ダブルスタンダードと加害者のくせに被害者面をするのはお手のものですね。九条の会は「自由な意見を出し合うのが重要。後援すべき」と反発してます。

ここで事実経過を確認しましょう。新聞記事から抜粋です。

---引用ここから---

イベントは市と市教育委員会が後援し、13日に市保健福祉センター(同市鶴間)で開かれました。九条の会によると、元防衛官僚の柳沢協二さんが国会審議中の安保法案をテーマに講演した後、「脱原発」を掲げる女性アイドルグループ「制服向上委員会」が出演しています。

その曲目は脱原発や沖縄の米軍基地移設反対などをテーマにしたもので、歌詞の中に「諸悪の根源自民党」「大きな態度の安倍総理おじいさんと同じ、エリート意識・利権好きお父さんと同じ」などがあり、自民側が問題視していた。

---引用ここまで---

こんなこと言われて腹を立てるなという方がおかしい。こんな過激な表現を使っていたのでは批判的な意見ではなく、ただの悪口でしょう。これを市の後援でやろうというのはふさわしくないと判断されても当然です。

再び引用です。

---引用ここから---

自民の小田博士市議は、表現の自由の観点からイベントには一定の理解を示す。ただ「自民に限らず特定の団体を批判するのであれば、公共である市が後援するのはふさわしくない」と説明した。

イベントの後援申請は2月に出され、市は「後援名義に関する要領」に照らして特に問題はないと判断、3月に許可した。だが今回、自民側の指摘を受け、「実際のステージを見ると、自民側の主張は納得できる。九条の会に経緯を説明した上で、後援を取り消したい」と話している。

これに対し、九条の会の斉藤竜太事務局長(76)は「自由な意見を出し合うことが重要で、市はいかなる立場のイベントにも後援を出すべきだ」と反発。「たとえ、『九条の会は諸悪の根源』と歌うグループが出るイベントに市が後援を出しても、やぶさかではない」と話している。

---引用ここまで---

ウソをつけって感じですね。これまでの左翼組織の在り方を見ていると、仮にそういうイベントを市が後援したら、絶対に猛反発するに決まってます。何しろ自分たちが言うことはどんな誹謗中傷でも「きれいな批判」、相手が自分たちにする批判は、たとえ根拠があって建設的な意見であっても「ヘイトスピーチ」「思想の自由への不当な弾圧」と自動変換される、便利な思考ルーチンが入ってますからね。


ちなみにイベントで歌った曲の一つがこれです。



歌詞はこちらです。


---引用ここから---

大きな態度の安倍総理
おじいさんと同じ
約5年前で復帰した
ご自慢の政権
民主党の自滅の後に
アベノミクスが生まれたの
今はもう円安で得意顔

原発反対に四苦八苦 四苦八苦
東電と一緒に四苦八苦 四苦八苦

今はまだ動かせない 日本の原子力

何でも企業の言いなりで
お父さんと同じ
きれいごとをならべていても
信用してはいけない
株価を上げて円安騒ぎ
みな知ってる茶番劇
今もまた許せない その政治

国民生活 四苦八苦 四苦八苦
被災者の皆さん 四苦八苦 四苦八苦
今もまだふるさとに帰れない

公共事業のばらまきは
お父さんと同じ
原発事故の被災者が
泣いても見ないふり
円安で喜ぶ大企業
国民には辛いだけ
今もだめな自民党 安倍内閣
三党合意で四苦八苦 四苦八苦
麻生さんと一緒に四苦八苦 四苦八苦
今はまだ動かせない 日本の原子力
---引用ここまで---


こういっちゃなんですが、はっきりいって気色悪い歌詞ですね。


で、この制服向上委員会というグループですが、もともとはAKBのようなただのアイドルグループでした。少なくとも90年代はそうだった記憶があります。

これが一度解散し、2010年に再結成されたのですが、この時以来もうすっかり左翼の手先状態です。

何しろ再結成以来一番出ているメディアが「しんぶん赤旗」ですからね。次が朝日新聞と東京新聞。いずれも左翼の色が濃い新聞です。メンバーが「共産党に投票した」とかSNSで誇らしげに公言しているし、社民党の機関紙にも掲載されたりしてますから、もうすっかり「そういうグループ」です。「社会派アイドル」と自称しているようですが、左翼的思想をもつ反体制プロパガンダ集団ととらえるべきでしょう。

いまどき左翼思想にかぶれたグループなんて時代遅れも甚だしいと思いますけど、まあ、その辺は本人たちの勝手ですよね。50年前の安保闘争のころならウケたかも。

この件について、自民党の市議会議員の小田博士さんはブログでこう書いています。

---引用ここから---

この問題は、政治的中立性のかけらもない「反政府集会」を、政治的中立性を守るべき行政機関である大和市や大和市教育委員会が後援しているということです。

公安調査庁の過去の「内外情勢の回顧と展望」によると、「九条の会」は共産党が支援している団体とされます。

大和市は「憲法九条やまとの会」について「平和団体」と認定しています。いったん「平和団体」と認められれば、どんなに激しく反政府運動を展開しようと政治活動しようと、市の「後援」は取り消せないということなのでしょうか。それとも、市や市教委は反政府運動を意図的に〝後方支援〟しているのでしょうか。これは市の政治姿勢に関わってくる大きな問題だと考えます。

---引用ここから---

ということで、今回のイベントを開いた九条の会は、公安調査庁に目を付けられているような左翼団体だった、ということですね。やっぱりといえばやっぱりですが、なんでまたこんな団体に政治的に中立であるべき地方公共団体が後援しちゃったんですかね。内部にシンパがいるんでしょうか。どうでしょうか。

私は積極的な自民党支持・安倍政権支持というわけではありません(現状を考えて他よりちょっとだけマシなので仕方なく、という感じです)が、この件に関しては小田議員の言う通りだと思います。今回の件を許すというのであれば、これから先、自民党や公明党などの政権与党が税金を使ってガンガン野党批判を行うイベントをやっていいということになります。それこそ思想弾圧でしょう。

九条の会の人たちも、今回の件に反発しては後々自分たちの首を絞める結果にしかならないことを悟って、以後は後援なしで自分たちの過激な主張をガンガンやるか、後援を受けるならトーンを落とすかを選ぶしかないと思います。

そうしなければ世間一般の人々の支持や共感を得られることは今後無いでしょう。


youtubeで劇的に稼ぐ方法を知りたいですか?『知りたい!』ならとりあえず気軽にクリック!




このころはフツーのアイドルでした。



もう完全にアチラ側にいっちゃってますね、曲名からして。










スポンサーリンク


早野のブログでは書けない話をメルマガで無料公開中
名前
メールアドレス

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。