So-net無料ブログ作成
検索選択

南沙諸島問題 中国が南沙諸島に灯台を建設すると発表! そのヤバすぎる目的は [気になるニュース]

スポンサーリンク




中国は26日、南シナ海の南沙諸島(スプラトリー諸島)に灯台を建設すると発表しました。


これはとてつもなくヤバいことです。
いけしゃあしゃあと「平和目的」とかほざいてますが、
ある意味滑走路とか基地の建設よりヤバいです。

どういうことか説明しましょう。



youtubeで劇的に稼ぐ方法を知りたいですか?『知りたい!』ならとりあえずクリック!




ロイター通信が中国国営新華社通信の報道を引用する形で発表したところによりますと、中国交通運輸省が南シナ海のスプラトリー(中国名・南沙)諸島で、灯台建設のための式典を行ったとのことです。

記事の内容を少し引用させてもらいましょう。

ーーーーー引用ここからーーーーー

中国交通運輸省は26日、南シナ海の南沙諸島にあるクアルテロン(中国名・華陽)礁とジョンソン南(赤瓜)礁に灯台を建設するための式典を行った。中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は定例記者会見で、南シナ海では海難事故が頻繁に起きていると述べた。中国が南沙諸島に灯台を建設することは国際的な責任と義務を果たすための重要な手段であるとの見解を示し、今後も灯台の建設を増やしていく計画であると述べた。

―――――引用ここまでーーーーー

中国外交部.jpg
【またこの人だよ】


さて、これのどこがまずいのか、お分かりになりますか?


灯台が完成し、これを国際的な海図に載せるとなると、中国に非常に有利になります。

なぜなら、地図掲載の時に灯台の国籍が掲載されるからなんです。

つまり、灯台を建設している中国=その島の持ち主、という主張が通りやすくなるんです。


これは中国が日本の尖閣諸島に手を出そうとしたときに、日本が灯台を建てて予防線を張った手法のパクリです。こんなとこまでとことんパクるのが中国スタイルなんでしょうか。

日本はもちろんちゃんとした領有権を持っていたので、すんなり国際社会に認知されて問題にはなりませんでした。

もともと中国が海底資源欲しさにしゃしゃり出てこなければ問題なんてなかったんだし。


これを中国がパクって、自分たちに有利に事を運ぼうとしています。

こんな暴挙許してはいけませんね。

そしてこういう大事なことを素人の私でも気付くのに、あえて「報道しない自由」を発動してスルーし、侵略国家中国の主張のみを垂れ流す、NHKをはじめとする大手マスコミにはあきれるばかりです。


youtubeで劇的に稼ぐ方法を知りたいですか?『知りたい!』ならとりあえずクリック!


中国の空母なんか、やっぱりこんな風にしてやりゃあいいんです。


ベトナムあたりの基地から、海自の対潜哨戒機で島ごと封鎖しましょう。


やっぱり一日でも早くこれを沖縄に配備しましょう。




スポンサーリンク


早野のブログでは書けない話をメルマガで無料公開中
名前
メールアドレス

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。