So-net無料ブログ作成
検索選択

斉藤まさし容疑者逮捕! 静岡市長選挙の公職選挙法違反 山本太郎議員にも波及か?! [気になるニュース]

スポンサーリンク




4月12日に開票された静岡市長選挙で、
公職選挙法違反で斎藤まさしこと、
酒井剛容疑者ら3名が逮捕されました。

この事件の背景を追います。






youtubeで劇的に稼ぐ方法を知りたいですか?『知りたい!』ならとりあえずクリック!


新聞の報道によると、4月12日投開票の
静岡市長選を巡って、山本太郎参議院議員の
選挙プランナーでもある斎藤まさし
(本名・酒井剛)容疑者(63)ら3人を、
静岡県警が公職選挙法違反(利害誘導、事前運動)
容疑で逮捕したとのことです。

斉藤容疑者というと、秋葉忠利・広島市長や、
2013年に初当選した、極左団体中核派との
関係があり、天皇陛下へのお手紙事件や
原発問題で騒ぎを起こした山本太郎参院議員らの
選挙にも関わっています。

彼は「無党派選挙の神様」と呼ばれているそうです。
前回の山本太郎議員の選挙の時にも、
選挙運動の規定時間を過ぎた夜間の選挙活動など、
公職選挙法に違反する活動の数々が目撃者から
証拠付きでネットに流されるなどしたのですが、
どういうわけか逮捕には至っていませんでした。

今回斎藤容疑者の他に逮捕されたのは、落選した
高田都子(ともこ)氏(62)の兄で無職、
高田隆右(りゅうすけ)容疑者(66)と、
陣営の会計担当者だった会社員、田村幸洋容疑者
(66)。ほかにも既に逮捕されていた
市議の宮沢圭輔容疑者(36)も同法違反
(利害誘導など)で再逮捕されています。
彼らが容疑を認めているかどうかについて、
静岡県警は発表していません。

まあ、当然のように否認するんじゃないですかね。


で、逮捕の決め手となった容疑の中身ですが、
斎藤、高田、田村の3人の容疑者たちは、
共謀して告示前の3月、選挙ビラを配布しながら
投票を呼びかけるなどの事前運動を、
市内の広告代理業の男(既に同法違反で起訴)に
依頼。報酬として現金五百数十万円を支払うと
提示したなどとしています。このところが
利益誘導と事前運動にあたるわけですね。

今回の公職選挙法で有罪となれば
(たぶんこの流れからいって有罪に
なると予想されますが)、斎藤容疑者は
公民権が停止されるために、ほぼ確実に
次の参議院選挙に関われなくなります。

それにもかかわらず誰かの選挙を応援した場合、
その候補者の当選無効などの措置が
取られることになるでしょう。

斎藤容疑者の支持者からは
「今回の選挙から逮捕の基準が変わっていたが、
主な政党にしか知らされておらず、
斎藤容疑者はハメられたんだ」という
抗議の声が出ているようです。

しかしながら、「もともと不利な無所属の
候補者が勝つために」ということで、
以前からかなりのグレーゾーンに足を
突っ込んだ選挙運動を展開していたそうですから、
そういう意味で最初から警察サイドに
目を付けられていた可能性はあります。

なんにせよ、日本は法治国家ですし、
その法律に基づいて政治活動を行う
議員や市長を選ぶ選挙で法律違反を
してもらっては困りますね。

ルールに基づいて勝つからこそ、
市民の支持を受けた政治家だと
言えるのではないでしょうか。


youtubeで劇的に稼ぐ方法を知りたいですか?『知りたい!』ならとりあえずクリック!















スポンサーリンク


早野のブログでは書けない話をメルマガで無料公開中
名前
メールアドレス

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。