So-net無料ブログ作成
検索選択

炭素繊維を不正輸出 兵庫県芦屋市の商社を摘発 戦闘機の素材に使用可能なハイテク素材を韓国ルートで中国に流す [気になるニュース]

スポンサーリンク




自分の利益のためなら、国を危険にさらしても平気。

そんなとんでもないバカ野郎が捕まりました。




youtubeで劇的に稼ぐ方法を知りたいですか?『知りたいです!』ならクリック!


不正輸出で取り調べを受けているのは
兵庫県芦屋市の商社です。

容疑が固まり次第
外国為替法違反で逮捕となります。

犯罪が行われたのは五年前の平成22年1月です。
国の許可なく大量の日本製炭素繊維を大阪港から
中国に不正輸出しました。


ところでこの炭素繊維って何?というと、
鉄の4分の1の軽さで、強度は10倍あります。

民間では自動車の車体やラケットなどに使われています。

その一方で核兵器や戦闘機の素材としても
超優良なので、輸出が厳しく制限されているものです。

警察の調べでは韓国に輸出するというウソの申請をして、
韓国の釜山港から中国に輸出したとのこと。

今後密輸ルートの解明などが急がれます。


もういったい何をやっているのでしょうか?

化学物質を専門的にあつかう商社ですから、
炭素繊維が何に使われるのかを知らないはずはありません。

それでも輸出しているのですから、
日本や国際社会が受ける不利益よりも
自分の利益を優先したというとんでもない
下劣な人間です。

外国為替法違反ではなく、
外患罪を適用してもいいのではないか、
とも思われます。

だって考えてみてください。
中国が核兵器や戦闘機を強化することも
テニスのラケットにすることもできる素材で
「じゃあ、テニスラケットを作ろう!」
なんてやるわけないでしょう。

現在進行形で虐殺や侵略を繰り返す
共産党の独裁国家に軍事転用可能な
ハイテク素材を密輸したらどうなるか。

これはとんでもない事件です。


それから思ったのですが、
韓国にも輸出しない方が
いいのではないでしょうか?

アメリカから買った戦闘機の
機密が詰まったブラックボックスを
強引に開封して機密情報を
中国に流すような国ですよ。

韓国に民間使用の目的で
輸出したとしても、本当は
何に使われているのか
わかったもんじゃありません。

パクってばかりのこれらの国に
安易にハイテク製品を輸出するのは
どうかと思います。





ちなみに炭素繊維を使った民間の製品は
こういうものがあります。


youtubeで劇的に稼ぐ方法を知りたいですか?『知りたいです!』ならクリック!










スポンサーリンク


早野のブログでは書けない話をメルマガで無料公開中
名前
メールアドレス

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。